So-net無料ブログ作成

他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)

 出来高病棟に入院する患者が他の医療機関の外来を受診した場合の診療報酬の取り扱いをめぐり、日本医師会の中川俊男副会長は6月9日の定例記者会見で、「医療現場の混乱はまだ続いている」との認識を示した。

 入院基本料などを出来高算定している病棟の入院患者が専門的な診療が必要になり、他の医療機関の外来を受診した場合の費用算定をめぐっては、4月の診療報酬改定で、▽患者が入院している医療機関は入院基本料を3割控除した点数を算定する▽外来診療を受け入れた医療機関は、初・再診料のほか、受診日の投薬や注射など診療行為に伴う費用を算定する-などのルールが明確化された。

 このうち投薬などの費用をめぐっては、今回の見直しによって外来医療機関が受診日以外の費用を算定できなくなるなどの混乱が生じているといった指摘があり、厚生労働省は4日付で、外来医療機関がその診療に特有の薬剤料について、受診日以外にも算定を認めると通知した。

 9日の会見で中川氏は、「出来高病棟の入院基本料が30%控除される問題や、包括病棟の入院患者が他の医療機関を受診した場合の投薬などの取り扱いの問題が依然として残っている」と指摘。中央社会保険医療協議会(中医協)で早急に実態把握し、取り扱いを改善するよう求めた。


【関連記事】
他医療機関での投薬、受診日以外も算定可
【中医協】他施設受診の薬剤・注射費用、算定ルールを月内に見直し
地域貢献加算、小児科外来診療料算定時は不可
2010年度診療報酬改定のポイント(3)
【中医協】他施設の外来受診日は入基料3割減−厚労省が通知へ

哨戒艦撃沈 日米韓、今後も連携で一致(産経新聞)
荒井国家戦略相、職員に訓辞も疑惑説明せず (産経新聞)
菅新内閣、組閣は8日に先送りへ(読売新聞)
カーシェアリング体験 事故、渋滞遅れへも対応(産経新聞)
菅内閣船出早々、民主は大丈夫? 河上衆院議員、本会議1日のみ(産経新聞)

石綿国賠訴訟で、1日に控訴=国敗訴判決を受け入れず―政府(時事通信)

 アスベスト(石綿)による元工場労働者らの健康被害について、政府は31日、鳩山由紀夫首相や長妻昭厚生労働相らによる関係閣僚会議を開き、国の不作為責任を認め損害賠償を命じた大阪地裁判決を不服とし、1日に控訴する方針を決めた。
 判決は、アスベストの危険性を認識しながら、規制を怠ったとして国の責任を初めて認定。大阪府南部の泉南地域にあった工場の元労働者26人へ計約4億3500万円の賠償を命じた。
 国会内で開かれた閣僚会議では、仙谷由人国家戦略担当相に対応を一任することを確認した。
 同相は会議後、報道陣に対し、賠償額が類似訴訟に比べて多額なことや、裁判の広がりが予想されると指摘。「短時間で(一審判決を)確定させてしまうことになれば、後々出てくる問題点について、解決策を示す余地がなくなってしまう」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜社民、連立政権を離脱〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実
身元不明3937柱を納骨=千鳥ケ淵で戦没者拝礼式

酒気帯び運転 伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
“乱”参院民主 「逆風しのげぬ」不満爆発(産経新聞)
「本番いける」 W杯へファン手応え(産経新聞)
留学生が元首相らと蒸し料理体験=大分県別府市〔地域〕(時事通信)
<御殿場女性遺体>殺人容疑で元夫を再逮捕(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。